tranquil mode

100年の備忘録

英語を真剣に勉強する夫に触発され 語学系アプリを試す — 2017-07-09

英語を真剣に勉強する夫に触発され 語学系アプリを試す

 

タイトルそのままですが、夫が英語を真剣に勉強しているようです。

I am a pen. と半分本気で言っていたような彼なので、どういった心境の変化があったのかと聞いてみました。

 

彼はプログラマなのですが、その分野での本当に新しい情報は、英語でしか手に入らないので、どうしても英語が必要だと。

これまでも英語のサイトや本を読んだりしていたようですが、どうも英語で配信されている動画を見たい(理解したい)そうです。

 

英語の技術書などは、後から日本語に訳されるのですが、原著を読んでいると大事なところが抜けていたりするとのこと。

結構お高い技術書でもそういったことはあるようで…やはり原文より勝るものはない。

 

これまでにはないほど熱心に勉強をしているので、結果がとても楽しみです。

とは言っても文法を余り理解していない模様。どれが主語で述語かよく分からないらしい…

これは数をこなしていくしかないですね。

 

昔から事あるごとに英語について質問を受けましたが、説明をすると英語の文法はおかしいだの、論理的じゃないとかなんとかで、いつも途中で何故か喧嘩腰。いつも英語の批判が始まるので、これは英語と仲良くなることは一生無理かもしれないと思っていました。

ここにきて、自分から学び直す気になったようですので、期待したいと思います。

 

 

そこで私も言語を学びなおしてみようと思い、夫が勉強しているアプリを使ってみることにしました。

Duolingo という語学系アプリ。

日本語からは英語のみの学習が可能です。

しかし、英語ができる方ならフランス語やドイツ語など、別の言語を学ぶこともできます。

 

私は少し英語ができるため、かじったことのあるイタリア語、フランス語、スペイン語を勉強するにしました。

 

…おもしろい!

単語の学習、文の聞き取りや翻訳など、色々な問題を織り交ぜた内容になっています。

イタリア語はレベルを選定するテストを受けましたが、17%fluent と言われました…結構していたのにショック!

仕方ありませんね。頑張ってレベルを上げていきましょう。

 

フランス語とスペイン語は冒険をせずに、ビギナーコースから始めていくことにしました。

 

初めは本当に簡単な単語を学んでいく形ですが、本当に学んだことのない人にはわかるのだろうかと少し疑問も感じています。しかし言葉ですので、想像力や勘も総動員して、経験を積めばなんとかなる気もします。

スウェーデン語やトルコ語、ヘブライ語など全く知らない言語もあるので、一度試してみるつもりです。

 

 

普段は忙しさにかまけ、語学をブラッシュアップすることをしてきませんでした。

これなら1日数分できるので、続けられる…かな!?

新しい言語を学ぶことは、脳の活性化にもよさそうですのでちょっと頑張ろう。最近物忘れも多くなってきたし、新たに挑戦する精神はいつまでも持っていたものの1つですからね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村