良いと思って買ったはずの服が似合わない。

こんなに服があるのに今日着る服が無い。

今日の服は着てはみたけど何故だかそわそわする。

何を着たらよいかわからない。

何を着てもしっくりこない。

私には服のセンスがない。

これは全て私が過去感じていたことです。

クローゼットいっぱいの服があるのに、着るものの悩みは尽きませんでした。たまにしっくりくるコーディネートもできるけど、毎日ではない。良い日と悪い日のギャップが辛かった。

微妙な服を着てしまった日には、自分が自分でないような、なんとも居心地の悪い思いをずっと感じていたものです。

センスではなくスタイルを持つ

センスがあることと流行りの服を着ることはイコールではありません。

大事なことは、自分のスタイルを持つこと、です。派手だろうが地味だろうが、自分のスタイルが確立すれば、それで良いと思います。

カットソーとデニムパンツ。

ジャケットとミモレスカート。

ワンピースとスニーカー。

自分が心地よい服装を知ることで、目指すべきスタイルが見えてきます。

選ぶ基準を決める

その場その場で良いな!と思った服を買ってしまいがちですが、最近では購入する基準を設け、購入する前に合致しているかをよく考えてみます。

素敵だなと思っても、あまりに自分の基準からかけ離れていると、結局タンスの肥やしになることが多いからです。

黒、白、グレー、ベージュを基調としたコーディネート。

差し色としてカーキ、ネイビー、ブルーなど。

素材

肌触りが良いもの。

コットンやリネンを好んで着ています。シルクもいいですね。

レーヨンなどの化学繊維は肌触りはよいものの、静電気が発生しやすいので、できるだけ避けています。

自分の体に合う形のもの。良い形に思えても自分には似合わないこともあります。

フィット感

体を締め付けない。血行が悪くなります。

靴は特にフィット感が重要だと思います。

踵がパカパカ抜けてしまう靴や指が動かせないような小さい靴など、自分の足に合っていない靴を履くとおかしな歩き方になったり、健康にもよくありません。

常に自分の足となる、できるだけぴったりのサイズの靴を選んでいます。

服装に自信があれば、心は解放される

自分の審美眼を信じ、心地よい服を選べば、それを身につけることにより自信がみなぎってきます。自分が美しく見えるように厳選した服だから当然のことです。

沢山の失敗をして、私がたどり着いた心地よさは、シンプルな装いにありました。

地味ではありますが、野暮にはならない、ギリギリのシンプルスタイル。今はこのスタイルが自分に最も合っていると思っています。

だから毎日自信を持っていられます。自信のある装いだからこそ、自分がどう見えるかなどと考える必要もなく、服装に関する不安や戸惑いから解放され、その他の大事なことに気持ちを集中することができるのです。

歳を重ねたら、また違うスタイルに出会い、自分のものになるかもしれません。それはそれで楽しみですね。変化があることは良いことです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村